吹奏楽の楽器

フルートの値段 中学・高校生が購入するなら安い・高いどっち

フルートの値段 中学・高校生が購入するなら安い高いどっち

フルートは小さくて軽いし、値段が安そうに見えますよね。

でも実際は、中学生や高校生が購入するフルートも、年々値段が上がってきていて、私達が昔、吹奏楽部だった頃の感覚では買えなくなっているようです。

最近の中学生や高校生がフルートを購入するならどのくらいの値段の楽器を買っているのでしょうか。

子どもが、フルートパートのSちゃんが同じフルートパートのNちゃんに楽器のことで自慢されたと、陰で悪口を言っているのを聞いてしまったらしく・・・

私はそれを聞いて、そんなところまでめんどくさい争いが・・・と思ったんですが、同時にフルートって結構な値段するんだなと思ったので、フルートの値段についてご紹介していきます。

 

フルートの値段 中学生や高校生が購入するなら

中学生や高校生が購入するフルートの値段と一言で言っても、学校によって差があるようです。

強豪校になると、中学生のフルートと高校生のフルートを一緒にしないで!っていう人もいるかも。

また強豪校で学校に楽器がそろえてある高校では、一律でムラマツという最高級ブランドだったり。

ムラマツでそろえているような学校は、高校からの初心者はいないこと前提のようなもの。

だってこんなに高い楽器、下手したら初心者は音すら出ないことだってあるんです。

前置きが長くなりましたが、中学生や高校生が購入するフルートの値段をご紹介していきます。

中学生が購入するフルートの値段

中学生は本当の初心者であることが多いので、あまり高価な楽器は求められていません。

ずっと続けるつもりがある、何があっても続ける、フルートを個人レッスンで習う!という意気込みのある人はちょっと高いものを買います。

でも学校の吹奏楽部だけで使う人はそんなに高くないものを選びます。

そんなに高くないものを選ぶ人は、大体10万円前後です。

ずっと続けるつもりのある人で20万円くらい。

10万円くらいだと、初心者向けの音が出しやすい楽器なので本当はこの辺りからスタートすれば楽に吹けるんです。

YAMAHA YFL-312などが10万円のフルートの代表格で、マウスピースは銀でできていて、胴体の部分は銀ではない素材でできています。

楽器全体が銀になったり、金になったりすると値段が上がります。

フルートが小さいのに値段が高いのは、楽器に銀や金を使うからなんですね。

YAMAHA YFL-312キーホールはカバードキーと言って、キーホールに穴が開いていないものです。

プロの人はリングキーと言って、キーホールに穴が開いているものを使っている人も多いそうですが、カバードキーもリングキーも出る音に違いはあまりないそうなので気にすることは無いのかなと思います。

ただ、長く続けようと思ったときに、特殊技法などができるのがリングキーなのだそう。

でも中学生の吹奏楽で特殊技法を使うのは稀なので気にすることはないようです。

高校生が購入するフルートの値段

中学校からずっと吹奏楽経験者で、高校で良いものに買い替えようと思った時購入するフルートの一般的な値段は20万円~30万円です。

お金のある人や音大を目指す人は30万円以上の、マウスピースだけじゃなくて本体も銀でできている楽器を購入します。

20万円くらいだと、マウスピースだけ銀ですが良くなるし、良い音が出る楽器が多いです。

20万円レベルのフルートになると中学で買ってそのまま高校までずっと使い続けている子が多いです。

持っている楽器も様々で、SANKYO、Pearl、YAMAHAなど好みのものを使っています。

20万円レベルのフルートではリングキーが増えてきます。

そして高校吹奏楽部ではリングキーのフルートを持っている子が多いです。

リングキーの方がかっこよく見えるからなんだそうですし、周りの子に劣らないためというのも理由の1つのようです。

でも音としてはカバードキーもリングキーもどちらも変わらないというのが実際のところらしいですが。

スポンサーリンク

フルートの値段 安いので十分?高いのが良い?

で、実際フルートの値段はどのくらいがいいの?

安いので十分なのか、高い方がやっぱり良いの?っていう話になりますよね。

私がフルートの子の話を聞いていて感じたのは、20万円くらいの楽器を買ったらいいんじゃないかなということです。

中学校で吹奏楽部に入った子は、半分以上が高校でも吹奏楽部に入ります。

だから中学校で20万円くらいの楽器を買っておけば、高校で買い替えたいということもないですよね。

また高校から吹奏楽部に入るという子がどのフルートを選ぶかは、学校のレベルによります。

吹奏楽コンクールで県大会などに出場していない学校の吹奏楽部なら、10万円以下の楽器でも大丈夫。

でも吹奏楽コンクールで県大会以上の大会に出場するような学校なら20万円以上の楽器がおすすめです。

とはいっても30万円以上の楽器になると、初心者には音が出しづらいものもありますから、やっぱり初心者のうちはいくら良いものと言っても20万円くらいでおさえておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

カバードキーとリングキー どっちがいい?フルートの値段が高いのは

カバードキーとリングキー、どっちがいいかは好みによりますが、長く使うならリングキーの方がいろいろ考えていいのかもしれません。

ただ、背が低い人は手が小さくて指が届かないこともあります。

また背が高くても体のラインが細い子は指が細くてうまくキーホールが閉じれないこともあります。

指が届かなかったり、指が細い人はカバードキーを使わないと、余計なミスをしてしまって吹奏楽が楽しくなくなってしまいますので、リングキーはおすすめできません。

いずれにしても、楽器店に行って試し吹きしてみてください。

そしてお店の人に見てもらってリングキーでも大丈夫そうかどうかを確認しましょう。

値段は20万円くらいの楽器ならリングキーでもカバードキーでも同じです。

 

初めに言っていたSちゃんがNちゃんに楽器の値段で自慢された話ですが。

Sちゃんはヤマハの一番安い楽器を持っていたんですね。

Nちゃんは28万円のpearlの楽器を持っていたんです。

しかもリングキー。

だから私がファーストになるねと。

そういう話で。

楽器が高いからってファーストになるねって言われたら、そりゃあ腹も立ちますよね。

Nちゃんは部内でも有名なトラブルメーカー。

そんなこと毎日一緒にいるSちゃんは大変だろうな・・・と子どもも同情していました。

上手かどうかなんて、他人が聞いてみないと分からない物なんですけどね。

中学生や高校生の部活では、性格とかキャラで上手下手を判断しがちなんですよね。

また習っているから上手、習ってない子は下手って思われがちなんですけど、音楽に詳しい人や大人がきいたらそうでもないことだってあります。

この辺りが人間関係で難しいところなんですけど、そういうのを顧問の先生がしっかり管理してくれる部活だと子供達も無駄なもめごとが無くて助かるんですけどね。

去年までの顧問の先生はあまり・・・だったので、今年からの新しい先生に期待!

もめごとの少ない部になってくれたらいいなと思います。

吹奏楽 フルート2ndは下手な人がなるの?
吹奏楽のフルート2ndパートは下手な人がなるの?吹奏楽には1st、2nd、3rdといったパート分けがあって、フルートに限らず1stは上手な人で2nd、3rdは下手な人がするというイメー...
部活と勉強の両立で悩んでいませんか?

部活が忙しくて勉強がなかなかできないという悩み。

高校受験・大学受験のことを考えるともう少し勉強に力を入れたいけど、部活もがんばりたい!

定期テストで高得点を狙うには

  • 短時間で復習
  • テスト範囲を要点をおさえて集中的に学習

この2つがとても大事です。

うちの子も悩んでいましたが、スタディサプリを始めたら英語の成績が

61番/80人→25番/80人

に上がりました!!

スタディサプリなら月額1980円で全教科の定期テスト対策講座が受講できます。

  1. 授業で習ったけど忘れているところ
  2. 理解できていないところ
  3. 間違えてしまう問題

は誰にでもあるものです。

スタディサプリの神授業でウイークポイントをつぶしていきましょう!

10月5日から11月8日までの申し込みで今なら実質

  • ベーシックコース 980円/月
  • 個別指導コース・合格特訓コース 6800円/月

になるキャンペーンを実施中!

条件は

  1. 2021年2月末までの継続
  2. クレジットカード決済
  3. 1月のアンケートに答えること
  4. キャンペーン期間中に退会しないこと

この4点の条件クリアでベーシックコースが通常料金の1000円引きで受講できます。

スタディサプリ受講は今がチャンスです!

スタディサプリ中学講座の14日間無料体験はこちら→中学講座

スタディサプリ高校講座の14日間無料体験はこちら→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。